NEWS

「コロナ鎖国」で働き手が来ない 食を支える農業の現場、危うい持続可能性

新型コロナウイルスは様々な人々を翻弄した。
感染拡大で「鎖国状態」となり、日本に来られなくなった中国やベトナムなどの外国人。
逆に母国に戻れなくなった人や、外国人を働き手として期待していた日本の雇用主たちもいる。 コロナによってあらわとなった、持続可能性が危うい日本の雇用。その縮図が北海道にあった。

北海道北部に位置する名寄市では6月中旬、アスパラガス収穫の最終盤を迎えていた。
遠藤貴広さん(40)の畑でも、作業員が土から伸びたアスパラの根元を鎌で切ってカゴに入れていく。
その中の一人が、チリ人女性のホセフィーナ・ダイュールさん(29)。 腰をかがめて一本一本刈り取る作業に、カタコトの日本語で「コシ イタイ」と笑った。

ダイュールさんは1月、子どもたちにバイオリンを教えるために来日した。
新潟などで教室を開いていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で中止に。
チリの感染状況が深刻なため帰国もできず、知人を頼ってなんとかたどり着いた。

名寄市の農家は1996年、収穫の繁忙期の担い手として、中国からの研修生を受け入れ始めた。
制度が変わってからも外国人技能実習生として続け、今年も4月、農家27戸に51人の実習生が来日する予定だった。ところが、コロナの影響で吹き飛んだのだ。
遠藤は「実習生2人が来られなくなって困っていたところ、母国に帰れない外国人を雇う話が来た。
いまでは周辺の農家で20人以上が働いている」という。

コロナ危機で大きな影響を受けたのが外国からの働き手と彼らを必要とする雇用主だ。
中でも日本の農業は実習生への依存が強まっており、持続可能性の危うさが浮き彫りになった。
冬は英語が「公用語」になるほど外国人のスキー客で盛り上がるニセコ。
6月下旬に訪れると、例年は観光客でにぎわう街は閑散とし、ほとんど人通りがなかった。
新型コロナを恐れ、3月ごろから各国が相次いで「鎖国」に踏みきったからだ。
外国からの観光客がぱったり来なくなり、ホテルやスキー場で働いていた多くの外国人が解雇された。 職を失い、帰国もできない人たちは「ニセコ難民」とも呼ばれ、企業などがスープとパンを無料で配布したほどだ。

そんな不安定な立場に置かれた外国人が向かったのが、中国やベトナムの技能実習生が来られず困っていた農家だった。
SNSやメールで求人情報が流れ、道内各地で働いているという。
ニセコ近くの仁木町でミニトマトやサクランボを栽培する嶋田茂さん(62)は、中国人実習生3人が来日できず、ニセコのスキー場を解雇された台湾の女性(22)らを娘のつてで雇った。
「手もぎで収穫に人手がかかるので助かった」と胸をなでおろす。
北海道農政部によると、道内の農家は高齢化や後継者不足などで戸数が減り、農地の大規模化が進む一方だ。
農業を維持するには、どこからか働き手を連れてくるしかない。
ただ、冬の間は雪のために農作業ができず、人手が必要なのは6~8カ月間だけ。通年で雇われたい日本人は集まりにくいという。。